DJトレーダーのブログ

日経225先物・オプション・FX・CFD・日本株・米国株・ビットコイン・zcash。元スロカス・パチンカス。ITエンジニア・アプリ、Webサービス開発・データ分析。お宅DJ。欲張りは身を滅ぼす。損切りは芸術。不合理こそ相場の本質。俺の人生まだ東場。ストロングゼロエバンジェリスト。

週間損益 +1,906,864円/ビットコイン価格崩壊懸念

私が好きな金融映画の一つ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」に印象に残っているセリフがあります。

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [Blu-ray]

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [Blu-ray]

住宅市場は全国規模で崩壊した

約80%だ、半数の住宅ローンが焦げ付いた

しかし危機の兆候は非常に具体的な形で認識できた

危険信号の1つは複雑な金融商品の急速な値上がり、詐欺まがいの相場だ、跳ね上がる

サブプライム住宅ローン危機の話ですが、最近のビットコイン相場を見ていると同じような運命をたどりそうな気がしています。


f:id:netalogz:20171210090844p:plain

今週はCMEやナスダック等でビットコインの先物取引が始ることもあって投機家たちの思惑により値動きが荒くなりました。特に12/6から12/8までは130万円から一気に230万円まで急上昇しています。私の口座残高もサラリーマンのボーナスが毎日振り込まれているような感じでした。

ビットコインはブロックチェーンというIT系以外の方には少しわかりづらい技術を採用した仮想通貨であり、一般的には取引所や販売所、レバレッジ取引ができる相対取引サービス等でギャンブル売買することができます。ある意味複雑な金融商品と呼べなくもないのですが、もしそう捉えると最近の急騰なんかはまさにこれですね。



「複雑な金融商品の急速な値上がり、詐欺まがいの相場だ、跳ね上がる」

その後150万円ぐらいまで急落、今は落ち着いて徐々に値を戻しています。 個人的には先物が開始されるとヘッジ目的や世紀の空売りを真似したみたいな売りを入れてくるファンドがあらわれると思いますが、買い遅れて最近の急騰を指をくわえて見ていたファンドや大口投機家等の爆買いが入って、売りを踏み上げつつもう一度大きく上げそうな気がしています。その時が最後の跳ね上がりかなと考えています。

bitFlyerやGMOコインでレバレッジをかけて勝負しているトレーダーの方も多いですが、振れ幅が大きいので資金管理には十分注意してトレードすることをお勧めします。私も最後の跳ね上がりを確認したらレバレッジかけたビッグショートをぶつけるつもりです。



話は変わりますが、期間限定でツイッターのアイコンを変えました。なーぽやーん (@an12mako12) | Twitterさんの自撮り画像です(許可を頂いて使っています)。名前も「DJトレーダー🎅」から「DJトレーダー🎅仮想通貨な女子」に変更しました。

f:id:netalogz:20171210100205p:plain

自撮りアイコンで「仮想通貨」「女子」というキーワードは強力でフォロワーが一気に増えファボがいつもより多くなりました。期間限定でやってますのでそのうち戻すつもりですが、このまま使いたい気も(´ω`)


ちなみになーぽやーん (@an12mako12) | Twitterさんのブログはこちらです。

an12mako12.hatenablog.com

大喜利がメインですが、トレードの合間に読んでみてください。




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.32 4.68

週間損益

+1,906,864円

内訳
商品 損益
+384,474円
先物 -262,878円
CFD -45,570円
FX +33,284円
仮想通貨 +1797,554円
パチ 0円

年間損益

+4,329,311円

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [Blu-ray]

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [Blu-ray]

週間損益 +70,589円/仮想通貨バブル継続

f:id:netalogz:20171202092117j:plain

www.bloomberg.co.jp

jin115.com


29日に1万1000ドルを突破し最高値を更新した後、約20%の下落をしました。この暴落で大損した人もいたようですが、何年も仮想通貨の動きを見てるとこの程度の動きは何とも思いませんし、資金管理さえちゃんとしていれば全く痛くありません。というか仮想通貨は消滅しても問題ないぐらいでやったほうがいいですね。




jp.wsj.com

ラスベガス在住のリタ・スコットさん(70)は11月半ば、盛り上がりを見せる仮想通貨ビットコインに投資するよう孫に説得された。「『ビッグコイン』と言っているのかと思った」と振り返るスコットさんは、「それが何かも分からなかった、ちょっとしたコインのかけら? なぜコインのかけらに投資するんだろう?」と思ったという。投資額は数百ドル(数万円)だったが瞬く間に魅了され、地元のカジノでポーカーをしながら1日何度もコインの価格を確認するようになった。27日にビットコインが1万ドルの大台に近づいた際、孫のアンソニー・サンタさんは、自身とスコットさんが保有していたビットコインを売却。わずか数週間で45%ほどのもうけを手にしたという。


最近ビットコインのトレードを始める人が多くなっています。そのほとんどは買いから入るのでバブルはまだまだ継続しそうな感じです。貯金一筋で株に全く興味がない私の妻がビットコインをやりたいと言い始めたらバブル最終章だと思いますが、それまではガチホでいくつもりです。





仮想通貨はそんな感じでやってますが、株と先物の方は酷いです。12月限の先物ミニは全て3月限にロールオーバーして300万の含み損は画面から消してやりました。個別は下がってるのに先物は全く下がらない、このように個別と日経平均が連動しない動きは大底か天井でよくある現象でトレンドの転換を示すことが多いのですが、まれに直前のトレンドが加速することもあるので要注意です。日経がこれからもグングン上げていくとは思いませんが、なんせインチキなので日経3万も想定して資金とポジションをコントロールしていこうと思います。

ちなみに今週は株と先物で大損しましたが、FXのスキャルピングが調子よかったのと仮想通貨バブルのおかげで勝ち越しました。




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.3 4.7

週間損益

+70,589円

内訳
商品 損益
-466,253円
先物 -191,592円
CFD -15,367円
FX +50,987円
仮想通貨 +692,814円
パチ 0円

年間損益

+2,531,757円

新版 バブルの物語

新版 バブルの物語

週間損益 +231,438円/ビットコイン100万円

f:id:netalogz:20171126095758j:plain




ビットコインが3万円ぐらいの時からトレードしてますが、いま思えばガチホでよかったんですね。当時は100万円なんて想像できませんでしたしマウントゴックス事件の直後だったのでそのうち消滅するだろうと思って高い手数料にもかかわらず売り買いを繰り返してました。

仮想通貨に対する戦略をバイアンドホールドに変えたのは2016年10月28日にzcashが公開されて暴落した後です。主にzcashとビットコインを少しずつ買い集めてます。少額なのでもっと買っておけばよかったと後悔してますが、欲が出て一気に買い増したところが天井かもしれません。


ちなみに今週の収益もプラスで連続勝ち越し中。




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.2 4.8

週間損益

+231,438円

内訳
商品 損益
+111,550円
先物 -138,000円
CFD -48,600円
FX -47,758円
仮想通貨 +354,246円
パチ 0円

年間損益

+2,252,704円

週間損益 +400,311円/年末年始に向けて

toyokeizai.net

株・為替のボラティリティが高くなってきました。ドル円はシカゴ先物市場において投機筋の円ショートが膨らんでいるので今後は120円というより100円方向に進むと思います。そのため日経平均もこのまま上昇していくのは難しい感じがしています。FOREX WATCHER シカゴ先物市場建て玉


f:id:netalogz:20171119110125p:plain


また最近のマーケットはリスクオンよりリスクオフに反応しやすくなっているので、年末年始に何か大きなことがあったら日経は2万円を割れるかもしれません。念のため1月限のPUTオプションを買ってます。




ボラティリティが高くなるとポジションコントロールがシビアになります。一度に大きく張って逆行した場合は一発退場もあり得ます。少ない枚数で分割しながら調整していこうと思います。




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.27 4.73

週間損益

+400,311円

内訳
商品 損益
+115,661円
先物 -56,216円
CFD -41,117円
FX +11,302円
仮想通貨 +370,681円
パチ 0円

年間損益

+2,021,266円

【かんたん図解】しっかり儲ける日経225オプション取引入門

【かんたん図解】しっかり儲ける日経225オプション取引入門

週間損益 +52,104円/レクイエム




売り豚に安息を




f:id:netalogz:20171111133235p:plain





怒りの日を待ち 最後の審判を待つ




youtu.be




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.18 4.82

週間損益

+52,104円

内訳
商品 損益
+253,233円
先物 -244,042円
CFD +34,250円
FX -43,591円
仮想通貨 +52,254円
パチ 0円

年間損益

+1,620,955円

アナザーゴッドハーデス オリジナルサウンドトラック

アナザーゴッドハーデス オリジナルサウンドトラック

週間損益 -275,119円/月明かりの下で




切なき夜にはかなき想い、どれだけ咲き散っていったのだろう




www.nikkei.com




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.2 4.8

週間損益

-275,119円

内訳
商品 損益
-62,985円
先物 -326,360円
CFD -54,150円
FX +14,340円
仮想通貨 +153,986円
パチ 0円

年間損益

+1,568,851円

2017

2017

週間損益 +312,260円/日経16連騰

toyokeizai.net

東京株式市場で日経平均は16日続伸。連続上昇日数の最長記録を更新した。前日の米国株安や円安一服が重しとなり序盤は安く始まったが、散発的な先物買いが入りプラス圏に浮上。需給面での安心感も意識され、後場に上げ幅を拡大し高値引けとなった。終値は1996年7月11日以来、21年3カ月ぶりの高値水準となった。

toyokeizai.net

東京株式市場で日経平均は反落となった。前日まで続いた連騰の最長記録は16営業日でストップした。朝方には、前日の米ダウ<.DJI>が最高値を更新するなど良好な外部環境を追い風に買いが優勢となり、取引時間中の年初来高値を連日で更新。ただ、連騰への警戒感も根強く、後場には利益確定売りが強まってマイナス圏に転落した。







ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.34 4.66

週間損益

+312,260円

内訳
商品 損益
+879,427円
先物 -498,178円
CFD -16,272円
FX +20,217円
仮想通貨 -72,930円
パチ 0円

年間損益

+1,843,970円

ジャスティス [DVD]

ジャスティス [DVD]