読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJトレーダーのブログ

日経225先物・オプション・FX・CFD・日本株・米国株・ビットコイン・zcash。元スロカス・パチンカス。回胴式遊技機。ITエンジニア・アプリ、Webサービス開発・データ分析。お宅DJ。欲張りは身を滅ぼす。損切りは芸術。不合理こそ相場の本質。俺の人生まだ東場。

週間損益 +679,936円/調整か崩壊か

仮想通貨(暗号通貨)は全面安、値動きが荒い展開でした。最近の急騰で昔からのホルダーが手仕舞いしたのでしょうか、それとも某証券の北○氏が煽りに煽って売り抜けたのでしょうか?(´・ω・`)知らんけど。

とりあえずビットコインの日足を見てみると出来高急増で陰線2連発です。テクニカル的には当面の天井でしょう。

f:id:netalogz:20170527080855p:plain



あと最近気になってるのはオプザイルがビットコインで( 0w0)ノ ウェーイし始めたことです。そのうち社会問題になって仮想通貨にとってよくない方向に進みそうです。



記事は以上ですが、アフィ用に「ビットコイン」でアマゾン商品を検索して見ると少々香ばしいものがwww

「10年に1度のチャンス・・・」
「6万円を1000万・・・」
「円崩壊に備える・・・」
「仮想通貨バブルに乗れ・・・」
「1時間でわかる・・・」



本ブログで変なものを紹介するわけにはいかないので、堅そうな本を貼っておきます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)





ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
4.9 5.1

週間損益

+679,936円

内訳
商品 損益
+368,449円
先物 -77,000円
CFD -13,900円
FX +70円
仮想通貨 +400,317円
パチ -2,000円

年間損益

+2,669,917円

テクニカル分析 - Zcash


仮想通貨がバブルに突入したので、テクニカル分析というものをやってみよう( ・ิϖ・ิ)っ



今朝、節目の 12,000円 を完全に超えた。次のターゲットは 40,000円 でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

f:id:netalogz:20170521125030p:plain



この勢いならあっさりクリアして、その次のターゲットは初値の 392,735円 !!!

f:id:netalogz:20170521125628p:plain

そこ超えたら青天井やなw。簡単やの




仮想通貨の教科書

仮想通貨の教科書

  • 作者: アーヴィンド・ナラヤナン,ジョセフ・ボノー,エドワード・W・フェルテン,アンドリュー・ミラー,スティーヴン・ゴールドフェダー,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

週間損益 -94,843円/仮想通貨バブル




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




f:id:netalogz:20170520091203p:plain





Ethereum !

f:id:netalogz:20170520091420p:plain

Zcash !!

f:id:netalogz:20170520091435p:plain

NEM !!!

f:id:netalogz:20170520091652p:plain




ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.04 4.96

週間損益

-94,843円

内訳
商品 損益
-382,599円
先物 +157,784円
CFD +33,000円
FX +17,964円
仮想通貨 +79,008円
パチ 0円

年間損益

+1,989,981円

84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと

84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと

週間損益 +539,647円/幻のSQ

diamond.jp

東京株式市場で日経平均は3日ぶりの反落。前日の米国株安や短期的な過熱感が重しとなり、節目の2万円を前に足踏み状態が続いた。現物指数が5月限日経225オプションの特別清算指数(SQ)の市場推計値を上抜けられない「幻のSQ」となり、当面上値の重い展開が続くとのアノマリー(合理的に説明できない経験則)も意識された。

日経平均の上の幻のSQは翌週以降の相場が弱いとされています。株価も2万に近づいており上値も重くテクニカル的にも下げそうな雰囲気です。

ちなみに4月も日経平均の上に幻のSQを残しました。翌週から更に下げていくのかと思いましたが、週後半から怒涛の買いが入り一気に2万近くまで上昇しました。:(;゙゚'ω゚'):

f:id:netalogz:20170513103117j:plain

アノマリー的には相場の強弱というよりSQによるトレンド転換の可能性が高いと見た方がよいのでしょうか。

ちなみに私は日経2万が当面の天井と考えてポジション比率を調整しています(日経先物、CFDを18300からの売り上がり、跳ねたら売り増し中)。気づいたら結構マイナスですがあまり気にしていません。 北朝鮮リスクも考慮して17/06P18000も2枚買ってます。大きな変動がない限りしばらくこの戦略でいく予定です。



ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.52 4.48

週間損益

+539,647円

内訳
商品 損益
+747,150円
先物 -222,716円
CFD +4,950円
FX +2,405円
仮想通貨 +7,858円
パチ 0円

年間損益

+2,084,824円

ツナギ売買の実践

ツナギ売買の実践

週間損益 +136,739円/超絶リスクオン

ゴールデンウィークに入っても日経先物(CME)の上昇は止まらない。来週はフランス選挙も終わって2万円を超えそうな勢いです。

f:id:netalogz:20170506070632p:plain

f:id:netalogz:20170506070730p:plain

相場の変動に備えて先物でヘッジしていましたが、もしヘッジしていなかったら爆益だったでしょう(・∀・i)


「リスク管理された短期売買・中長期投資を実践する」


これが今年の方針、あとはルールに従って淡々とポジションをとるだけです。次のチャンスを待つしかない。



暗号通貨の方は初動からバブルに乗ってますので、握力全開で逝きたいと思います( ー`дー´)キリッ



ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.86 4.14

週間損益

+136,739円

内訳
商品 損益
392,655円
先物 -140,000円
CFD -150,900円
FX -40,421円
仮想通貨 +75,405円
パチ 0円

年間損益

+1,545,177円

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

週間損益 +329,792円/防御は最大の攻撃



森友は別として、、北朝鮮、トランプ、ISテロ、フランス大統領選挙、ブレグジット…etc,
日経は強気で上げてますが、こんなリスクだらけの状況でゴールデンウィークも控えてるのに上値は買っていけないよ。何らかの出来事で相場が急変しそうだし。。こんな時は防御に徹すべし。チャンスはいくらでもある。

f:id:netalogz:20170429112011p:plain

ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.46 4.54

週間損益

+329,792円

内訳
商品 損益
821,137円
先物 -342,888円
CFD -155,300円
FX -19,076円
仮想通貨 +57,292円
パチ -28,000円

年間損益

+1,408,438円

世界リスク社会論 テロ、戦争、自然破壊 (ちくま学芸文庫)

世界リスク社会論 テロ、戦争、自然破壊 (ちくま学芸文庫)

週間損益 -182,355円/マーケットは強気?

日銀のETF爆買いから公金の買いコンボで日経は下げ止まり反発、4月中に株価2万円という声も。 でも私の保有株はほとんど反応していません(T . T)

news.nifty.com www.nikkan-gendai.com



日経平均は上げてるのに株が反応しない。1月末にも同じようなことがあってブログにも書いてました。

netalogz.hatenablog.com



どちらもテクニカル的にはちょっとした悪材料で底抜けしそうなポイントです。

f:id:netalogz:20170423101356j:plain



先物やドル円を売っていたのですが全然下がる感じがしませんでした。買いがわんさか湧いてくる。こんな時は無理に勝負せず、ポジションはスクエアにして様子見ですね。

ポジション比率

週間平均(株・先物・CFD)

L S
5.42 4.58

週間損益

-182,355円

内訳
商品 損益
181,335円
先物 -236,188円
CFD -94,850円
FX -19,076円
仮想通貨 -13,576円
パチ 0円

年間損益

+1,078,646円

日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)

日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)